シンジケートローンのキーパーソンは?

シンジケートローンとはどういったもので、どんな内容なのでしょうか。シンジケートローンは複数の金融機関でシンジケート団を組成するものです。シンジケートローンのキーパーソンはアレンジャーというまとめ役で、金融会社の調整役になります。

アレンジャーはまず借入人である企業からの指名により案件の組織委託を請け負います。アレンジャーは、契約の内容を決めて、金融機関働きかけてシンジケート団の参加企業を募集します。募集によって金融機関が決まったらシンジケート団を結成し、具体的な契約手続きなどを行います。契約がまとまれば、アレンジャーになっていた金融機関がエージェントになります。このエージェントが借り入れ側の窓口になります。

契約期間中にエージェントは借入人である企業と貸付人の連絡を取り次いだり、元利金の受払いなどの資金決済に関する事務的なとりまとめを行います。他のローンにない特徴がシンジケートローンにあります。アレンジャーが募集する形で金融機関を集める等、資金を調達する手法などです。複数の金融機関からの借り入れであり、債券に比べて自由な取引条件を設定できます。

ひとつの融資契約書に基づき、取引条件を統一できるのもメリットです。また、アレンジャーが複数の企業をまとめてくれるため、交渉や事務手続きが非常にしやすくなります。シンジケートローンには、他の金融商品にはない良い部分がありますので、有効に活用しましょう。

N-BOX 下取り相場